言語の選択:

メニュー

高橋・林アンドパートナーズ高橋雄一郎法律事務所弁護士・弁理士紹介アクセスセミナー情報
セミナーカレンダー'20年3~7月セミナーカレンダー'19年9~12月セミナーカレンダー’19年5~8月セミナーカレンダー'19年1~4月セミナーカレンダー'18年9~12月セミナーカレンダー'18年5~8月セミナーカレンダー'18年1~4月セミナーカレンダー'17年9~12月セミナーカレンダー'17年5~8月セミナーカレンダー'17年1~4月セミナーカレンダー'16年9~12月セミナーカレンダー’16年5~8月セミナーカレンダー’16年1~4月セミナーカレンダー’15年9月~12月セミナーカレンダー’15年5月~8月セミナーカレンダー’15年1月~4月
純米大吟醸・勝訴のご案内求人情報韓国語/한국어関連リンク集

高橋雄一郎法律事務所
弁護士高橋雄一郎
東京弁護士会所属
公式FBページ
 

セミナーカレンダー'20年3~7月


日程・内容は仮のもので、今後変更することもございます。

特に明記のあるもの以外はいずれも火曜日,開催時間は15:00~17:00,開催場所は高橋雄一郎法律事務所会議室(8階)です。


知識ゼロからの知的財産法

新型コロナウイルス感染症の感染抑止のため延期させていただきます。(内容が変更になる場合があります)

【内容】全く法律知識のない方向けに、わかりやすく知的財産法について解説します。

【講師】弁護士 高橋 雄一郎

【日時】4月7日~6月30日までの毎週火曜日(全11回)15時~17時


回ごとの内容は以下の通りです。お申し込みの際は、どの回に参加されるかご明記ください


第1回 4月7日[特許入門]

・特許の例

・特許権者はなにができるか

・特許に関係する組織や人たち

・ベンチャー企業の資金調達と知的財産


第2回 4月14日[特許要件と特許出願手続]

・特許要件について

・特許出願、審査、補正、審判、審決取消訴訟

・パリ条約

・PCT出願


第3回 4月21日[他社特許の対策]

・特許調査

・パテントクリアランス

・侵害回避

・判定及び非充足鑑定

・異議申立、無効審判及び無効鑑定


第4回 5月12日[売買契約と特許保証]

・企業間契約入門

・基本取引契約について

・特許保証条項と紛争処理


第5回 5月19日[営業秘密及び秘密情報の保護とノウハウライセンス契約]

・産業スパイと不正競争防止法

・NDAと秘密情報の保護

・ノウハウライセンス契約


第6回 5月26日[特許侵害訴訟入門]

・民事訴訟の基礎

・特許侵害訴訟の実務


第7回 6月2日[特許交渉の実務と特許侵害訴訟戦略]

・侵害証拠の準備

・侵害警告と技術交渉

・条件交渉とライセンス契約

・特許侵害訴訟の活用


第8回 6月9日[各種ライセンス契約と独占禁止法]

・特許ライセンス契約の要点

・技術ライセンス契約の要点

・独占禁止法による規律


第9回 6月16日[共同開発と産学連携]

・企業間の共同開発契約の要点

・産学連携と大学を中心とする研究プロジェクト

・不実施補償の実務


第10回 6月23日[著作権]

・伝統的な著作物の保護

・コンピュータソフトウェアの著作権による保護

・ソフトウェアのライセンスの実際


第11回 6月30日[デザイン、営業標識、キャラクター等の保護]

・意匠法、商標法、不正競争防止法の概説

・肖像権及びパブリシティ権

・原産地呼称の保護




玉井克哉先生の特別講義

新型コロナウイルス感染症の感染抑止のため7月に延期させていただきます。(内容が変更になる場合があります)誠に申し訳ございませんがご好評につき満席となりました
【内容】今年も玉井克哉先生をお招きしてご講義をしていただきます。内容は以下のとおりです。

1 「進歩性」と「顕著な効果」の関係

「進歩性」判断における「顕著な効果」要件をどのように位置づけるかについては周知のとおり争いがあり,「アレルギー性眼疾患を処置するためのドキセピン誘導体を含有する局所的眼科用処方物事件」最高裁判決以降も異説が流布し実務を混乱させている状況である。そこで,議論を整理し最高裁判決の裏話を含めて解説する。

2 米中関係の緊張に伴う「グローバル化の終わり・世界の二極化」

3 産学連携と知財

【講師】 玉井克哉先生
 東京大学先端科学技術研究センター教授(知的財産法)
 信州大学経法学部総合法律学科教授
 東京国際知的財産仲裁センター(IACT)最高経営責任者(CEO)

【日時】3月24日(火) 15時~17時




以後のセミナーについては決まり次第お知らせいたします

 

【お申し込み】  会社名・お名前をご明記のうえ、高橋雄一郎法律事務所 (セミナー担当:水谷)宛にメールでご連絡ください

e-mail seminar@thpat.jp

誠に恐縮ですが,会場の都合から,定員(20名)に達し次第締め切らせて頂きます。