言語の選択:

メニュー

高橋・林アンドパートナーズ高橋雄一郎法律事務所弁護士・弁理士紹介アクセスセミナー情報
セミナーカレンダー'20年3~7月セミナーカレンダー'19年9~12月セミナーカレンダー’19年5~8月セミナーカレンダー'19年1~4月セミナーカレンダー'18年9~12月セミナーカレンダー'18年5~8月セミナーカレンダー'18年1~4月セミナーカレンダー'17年9~12月セミナーカレンダー'17年5~8月セミナーカレンダー'17年1~4月セミナーカレンダー'16年9~12月セミナーカレンダー’16年5~8月セミナーカレンダー’16年1~4月セミナーカレンダー’15年9月~12月セミナーカレンダー’15年5月~8月セミナーカレンダー’15年1月~4月
純米大吟醸・勝訴のご案内求人情報韓国語/한국어関連リンク集

高橋雄一郎法律事務所
弁護士高橋雄一郎
東京弁護士会所属
公式FBページ
 

中国セミナー

「中国における特許侵害訴訟の最近の動向日本企業戦い方と

中国特許出願実務の注意点及び無効審判の最近の動向」NEW

 

元中国最高裁知的財産権法廷の裁判長・中国知的財産権網主編者である弁護士蒋志培先生、北京善任特許事務所弁理士金楊先生をお招きし、標記テーマでご講演頂くことになりました。本セミナーを通じて、中国特許の活用に関してより深くご理解頂き、知財戦略を策定する際の一助となれば幸いです。講演は日本語逐次通訳で行います。

 

【セミナー概要】

中国の急速な経済発展の背景には、特許出願の増加、知的財産権に対する認識の高まりがある。特許出願等の急速な増加に伴い、特許侵害訴訟の件数は激増している。日本企業にとって中国が巨大なマーケットであることは言うまでも無いが、日本企業が中国に進出する場合、自社製品の類似品が出回ることに関する対策だけでなく、中国における侵害訴訟が多発している現状を鑑み、自社製品が他社の特許権等を侵害しないように注意する必要がある。

本セミナーでは、中国における特許侵害訴訟案件の最近の動向と特許侵害訴訟における日本企業の応対策について解説し、あわせて中国おける特許出願実務の注意点及び201741日に施行された改正審査基準の中国における無効審判への影響の解説を行う。

 

日 時: 2017719日(水) 15:0017:00

 いつもと異なる水曜日開催ですのでご注意ください

 

会 場: 特許業務法人高橋・林アンドパートナーズ/高橋雄一郎法律事務所

東京都大田区蒲田5-24-2 損保ジャパン蒲田ビル8

 

講 師:弁護士 蒋 志培 先生(元中国最高裁知的財産権法廷の裁判長、中国知的財産権網の主編者、法学博士)

    弁理士 金 楊 先生(北京善任知識産権代理有限公司 パートナー・弁理士・特許侵害訴訟代理人)

 

内 容: 1) 中国における特許侵害訴訟の最近の動向、日本企業の戦い方

  中国における裁判制度・知財裁判所の紹介

  中国における特許侵害訴訟における損害賠償額についての判決動向

  特許侵害訴訟の戦い方及び注意点

2) 中国おける特許出願実務の注意点及び無効審判の最近の動向

      ①中国おける特許出願実務中の注意点
                  ②審査基準の改正に伴う無効審判の最近の動向


【参加資格】企業・団体の知的財産ご担当者様に限らせていただきます(法律事務所・特許事務所の方、学生の方のご参加はご遠慮ください)。

【お申し込み】  会社名・お名前をご明記のうえ、高橋雄一郎法律事務所 (セミナー担当:水谷)宛にメールでご連絡ください

e-mail seminar@thpat.jp

誠に恐縮ですが,会場の都合から,定員(20名)に達し次第締め切らせて頂きます。